Roland SP-404MK2 初回入荷予定分完売 送料無料 納期未定 大注目 次回以降入荷分ご予約順納品 Roland SP-404MK2 初回入荷予定分完売 送料無料 納期未定 大注目 次回以降入荷分ご予約順納品 22275円 Roland SP-404MK2 【初回入荷予定分完売 次回以降入荷分ご予約順納品 納期未定】【送料無料】 楽器・音響機器 ピアノ・キーボード キーボード・シンセサイザー www.takeit-easy.net,SP-404MK2,楽器・音響機器 , ピアノ・キーボード , キーボード・シンセサイザー,納期未定】【送料無料】,22275円,【初回入荷予定分完売,Roland,次回以降入荷分ご予約順納品,/bipupillate1102223.html 22275円 Roland SP-404MK2 【初回入荷予定分完売 次回以降入荷分ご予約順納品 納期未定】【送料無料】 楽器・音響機器 ピアノ・キーボード キーボード・シンセサイザー www.takeit-easy.net,SP-404MK2,楽器・音響機器 , ピアノ・キーボード , キーボード・シンセサイザー,納期未定】【送料無料】,22275円,【初回入荷予定分完売,Roland,次回以降入荷分ご予約順納品,/bipupillate1102223.html

Roland SP-404MK2 毎日がバーゲンセール 初回入荷予定分完売 送料無料 納期未定 大注目 次回以降入荷分ご予約順納品

Roland SP-404MK2 【初回入荷予定分完売 次回以降入荷分ご予約順納品 納期未定】【送料無料】

22275円

Roland SP-404MK2 【初回入荷予定分完売 次回以降入荷分ご予約順納品 納期未定】【送料無料】








※初回入荷分以降随時入荷次第ご予約順でご案内を致します。入荷数は非常に少ないことが予想されますので、お届けまでお時間をいただく形となりますので、ご理解賜ります様よろしくお願い申し上げます。究極のSPの誕生
パフォーマンス・ベースのビートメイキングにおいて、まさに最高位に位置するRolandのサンプラーSPシリーズは、その独特のサウンドといつでもどこでも素早くビートを作成できる使い易さから、長年にわたり広く支持されてきました。SP-404MKIIは、コミュニティからのフィードバックと広範な研究開発を通じて誕生した、究極のサンプラーです。鮮やかなOLEDディスプレイをはじめ、表現力豊かな最新のパッド、新規追加のエフェクト、操作性の高いシーケンスとサンプリング・ワークフロー、そして楽曲にインスピレーションを与える即戦力のサウンド・ライブラリを備え、これまでになく高速で優れたパフォーマンスを実現します。

■より使いやすく、あらゆる面で進化を遂げたSP

SP-404MKIIには、これまでのRolandのSPシリーズで人気の要素を凝縮しました。さらに表現力豊かな演奏を可能とするベロシティ対応のパッドや、スムーズで実践的なコントロールのために改良されたノブなど、パフォーマンスに重要な改善を施しました。 また、16GBと十分な容量を持つ内部ストレージのプロジェクトへのアクセスにより、素早い起動時間と迅速なプロジェクトの読み込みやサンプルのインポートを実現し、ビートメイキングはさらに高速に、ストレス・フリーで行うことができます。 長年のユーザーはもちろん、新しいビートメーカーにも使いやすい直感的なレイアウトと伝統的なSPエフェクトに加えて、改良されたサンプリングとシーケンスのワークフロー、容易にパフォーマンスのキャプチャを行えるSKIP BACK SAMPLING、ビートをライブでミックスするDJモードなど多彩な機能を備えています。

■場所を選ばずビートメイキング

SPシリーズの魅力は、その迅速なワークフロー、優れたポータビリティ、そして触感的なアプローチにあります。SP-404MKIIは、これらの要素をさらに発展させ、軽量でありながら頑丈なデザインを維持しつつ、あらゆる環境での制作をさらに容易にする機能を追加しています。電源はUSB-AC(Type-C)だけでなく、乾電池やモバイル・バッテリーにも対応し、場所を選ばずどこでもビートを叩き出すことができます。さらにはUSB経由でモバイル・デバイスからオーディオをキャプチャしたり、デュアル・ヘッドフォン出力とマイク/ギター入力を使用してパートナーとコラボレーションしたりもできます。


■ソウルフルなサンプラー

SP404MKIIの鮮やかなOLEDスクリーンとズーム可能な波形ビューにより、サンプル編集をとてもスムーズに行うことができます。 編集ポイントをリアルタイムにタップしてサンプルをCHOPしたり、AUTO MARKを使用してサンプルを自動的にマーキングし、スライスしたりすることもできます。取り込んだサンプルはENVELOPEやピッチ・シフトなどを使ってさらに巧妙に仕立てることができるほか、改良されたリサンプリング・ワークフローでは、パターンとエフェクト・レイヤーを組み合わせてRESAMPLEし、より繊細なサウンド・デザインの制作が可能となりました。 また、SKIP BACK SAMPLINGは、直前のパフォーマンスから最大25秒のオーディオをキャプチャすることができ、一瞬のひらめきを逃さずに制作に活かすことができます。

■より強化されたエフェクト

伝説的なSPエフェクトと厳選された新規搭載のエフェクトにより、サウンドを効果的に処理することができます。SPシリーズに欠かせない Vinyl SimulatorやDJFX Looperなどに加え、Lo-fi、Cassette Simulator、Resonatorなどの強力なエフェクトが加わりました。また複数のバス・エフェクトをレイヤー化してルーティングしたり、マイク/ギターインプットに接続して、Vocoderを使用したり、Auto Pitch、Guitar Amp Simulatorなどを使ってサウンドを作りこんだりすることができます。


■パフォーマンス用にチューンナップされたシーケンス

SP-404MKIIは独自のフィーリングを表現するための柔軟性を備えています。インプット・クオンタイズとシャッフルによるスイングの調整、1回のタップで複数のサンプルを鳴らすことができるPAD LINK、ノート・リピート用のROLLボタン、バンクごとに設定できるBPMの機能を駆使して数あるパターンを一度に整理し、それらをチェインし自動再生することもできます。空いた手でSPのエフェクト・コントロールを調整したり、お気に入りのシンセなどを外部入力へ接続してサンプリングしたりと可能性は無限に広がります。

■豊富なサウンド・サンプル用スペースと内蔵メモリー

SP-404MKIIには16GBの内部メモリーを搭載。ストレスのない素早い発音を実現するだけでなく、プリセットのサンプルですぐにビートメイキングを始めることができます。厳選されたサンプルの膨大なコレクションを活用できるだけでなく、あなたのとっておきのサウンド・サンプルをSP-404MKIIの中にコレクションし持ち出すことも可能です。また、最大同時発音数が増加したことに加えて、ひとつのプロジェクトにつき160ものサンプルを取り込めるようになり、パフォーマンスとビートメイキングのコンビネーションが強化。さらに多くのサウンドを一度にロードできるようになりました。


■SP-404MKII | Customize it
自由にカスタマイズ

SP-404MKIIはセットアップにフィットしやすいように、機能的で洗練されたサイズ感とデザインを実現していますが、サウンドだけでなくそのスタイルも個性的にカスタマイズしてプレイできるのが魅力のひとつです。WEBサイトからダウンロードできるフェイスプレート用のテンプレートを使って、オーバーレイを作成したり、オリジナルのロゴをスタートアップ画面にセットアップしたり、その場の雰囲気に合ったスクリーンセーバーを選択したりと自由にカスタマイズできます。愛着のあるあなただけのSP-404MKIIを作り出しませんか?

Roland SP-404MK2 【初回入荷予定分完売 次回以降入荷分ご予約順納品 納期未定】【送料無料】

2014年9月15日月曜日

作業日誌 Daily Reports 

別ページに、Manifesto の塗装工程をアップする事にしました。
興味のある方は、御覧下さい。

Daily Reports <こちら

2014年8月15日金曜日

カートリッジは前進する#9 DS Audio DS001 光電式カートリッジ

前回の続きです。

オルタナティブタイプ
最初に送られてきたカートリッジは、本調子では無い事が判りその顛末を試聴記とした。前回お伝えしたように暫定的に針圧1gに設定した。この状態様々な年代のレコード・ジャンルを掛けてみたがまったく破綻はなく抜群のトレースを示したのであった。

しかし、DS Audioから正常なモノではない事から交換する”とメールと共に数日後、新規のカートリッジが送られてきた。通常の生産ケージュルールではなく製作していただいた様で、早急の対応に感謝したい。

ピュアオーディオではMC型、特にオルトフォンタイプがカートリッジの主流を成している事は論を待たない。一方では、その潮流には組しないカートリッジが存在する。 
一方では、付随的根本的に存在する問題点を克服しようと音質を追及したオルトフォンタイプではないモデルも過去には様々な製品・開発がされた。

DS Audio  DS001 光電式カートリッジもそういったカテゴリーの一つであり、一つの挑戦である。ここでは主流であるオルトフォン式の問題点を克服しようと試みたモデルをオルタナティブタイプとした。代表的なモデルは大半が日本製で他にも特徴的なオルタナティブタイプの概略を見てみたい。各資料はネット上から収集したものです。


==========================================================================

2014年7月26日土曜日

※北海道、沖縄、離島等、別途送料が発生する地域がございます。 パナソニック ベリティス連続手すり(900mmピッチ用) 入墨コーナー用ブラケット【MFE1RNKK1○】MFE1RNKK1ST MFE1RNKK1BK MFE1RNKK1WH送料800円

年初来、あまりに諸々が重なり、ブログ掲載などを控えていました。その間にも読んでくださる方や、待っていてくれた方もいらっしゃるようで嬉しく思います。問い合わせいただいた方には御返事もなかなか出来ませんでした。

久しぶりの記事となってしまいました。昨年来、何度か連絡を取りながら導入を決めていた光電型カートリッジ DS Audio  DS001。導入から音を出すまでの顛末です。




2014年3月1日土曜日

ステレオ誌 2005年2月号の記事 #1.1

pdf file が非公開になっていました。折角訪問して頂いた方には申し訳ありません。設定をオープンにしました。

過去にステレオ誌 2005年2月号に取り上げられた事がある。ところが、件の本を消失してしまっていた。
「出版社に問い合わせても既に保有期間を過ぎて消却してしまったと連れない返事」でまあ仕方が無いと諦めていた。ところが今回 偶然にもお客様が所有されている事を知りファイルを頂くことができました。

読み返してみると、やっている事は10年一日かと呆れるほど何も変わらんな~。
時間のある時に見てください。


ステレオ誌(2005年2月号)

2014年2月13日木曜日

EAR 912 #4.1

前回 アナログレコードの試聴記も纏めて書いてあったのだけれど、再度見直して書くことにした。勿論良い音はしているのだけれども、CDの音から期待するアナログの音が出ていなかったので気になる点も含めて調べてみる事にした。諸所が重なりアップが遅くなりました。

イコライザー回路 概要
回路構成は

 MC step up trans 真空管二段 + カソードフォロワー + output trans

カタログでは、イコライザー素子はコンデンサーのないHand Made Inductorとあり、回路はNF式と書かれている。ここでも入出力共にトランスによるカップリングとしている。

それにしても、不思議な回路構成ではないだろうか。回路構成は全く同じとされているEAR 868/EAR 88PBには、このカソードフォローワーと出力トランスの搭載は無く直接ラインアンプに行っているようだ。*何かの記事でカソードフォローワーと記載があったので元記事を確認しようと調べ直してみると、元記事が見当たりません。間違っていたら訂正します。


2014年1月5日日曜日

EAR 912 & 509Ⅱ #3.1

新年明けましておめでとうございます。

Blogにご訪問いただきありがとうございます。
更新も不定期、さらにつたない記事にお付き合いいただきありがとうございました。
今年は、新しい取り組みもしつつ頑張っていければと思っています。

2014年もよろしくお願いいたします。

Listening Impression

EAR 912
最初に気付かされるのは、提示される空気が違うと言う事。音ではなく空気の質が違う。清流<月刊 ホークス 2015年 07月号 [雑誌]ジャパンプリント>の伏流水の沸き出でる如く。場の空気を一変させる。空気は浄化されたかの様に軽く、伝わる音はCDであっても上質な楽器本来の音を髣髴とさせる。

具体的に特徴を纏めると。音が出るその瞬間の出方が本当の楽器そのもののような出方をする。突出したところが無く、そして消え行く様も自然であるため、空間さえも意識させない。発音から消音までのエンベロープの美しさである。そのため、タイミングやパートの表情 響の量・形 音像 ステージ 個別の評価項目は全て過不足がない。

たとえ録音の悪いレコードであっても、どうして録音が悪いと思ったのか解らないほどに素晴らしい音を再現してくれる。まるで録音されてパッケージに押し込められた音を元に戻す呪文か解凍ソフトをParavicini氏は知っているのだろうか?


2013年12月30日月曜日

EAR 912 & 509Ⅱ #2

Fairchild compressor 660 & 670




EARを語るときに コンプレッサー抜きには語れないだろう。
king of compressor と言われるFairchild compressor 660 & 670 (それにしてもこのコンプの佇まいは痺れる程格好良い~なぁ)。これを更に発展させ高い評価を得ているのが